娘。泣き私「とーたん(お父さん)かーたん(お母さん)の(物)〜」
私、旦那に抱きつく。
娘「わーんっ!!!」
会話にならないくらい号泣。
しょうがなく、とーたんは娘のということにした(笑)
娘、泣き止む。
 
数時間後
私「とーたん、かーたんの〜」
娘「んんんんんっ!」(泣きそう)
私「じゃあとーたんにとーたんは誰のか聞いてみよう!とーたんは誰の?」
旦那「‥娘ちゃんかな」
娘、とーたんに抱きつき満面の笑み(^ ^)
 
後日
私「とーたん、かーたんの〜」
娘「とーたんはね〜、娘ちゃんが好きなんだよ〜。とーたん半分こなら良いよ〜」
 
お父さんは誰にも渡したくない娘氏。
なぜお父さん大好きになったのか。
その過程を書いていく。
 


勝負は生まれた時から始まっている

ネットでは『旦那が子供を抱っこすると泣いちゃって〜』なんて、旦那さんに懐かない子供の愚痴をよく目にした。
実際、私の周りでも『旦那が抱っこしてあやそうとすると泣くから旦那に子供を任せられない』なんて人も多かった。
私は自分がいっぱいいっぱいになるから、絶対そうはしたくなかったので、生まれた時から旦那さんに慣れてもらおうと積極的に子供を抱っこしてもらった。
朝起きられない私に代わってミルクをあげてもらった。(実際、朝弱い私は泣いている子供に気づかず、起きたら旦那さんがミルクをあげていた…)
寝かしつけもしてもらった。
オムツは頼めばしてくれた程度。
初めは不慣れで見ていて危なっかしいかもしれない。
それでも任せる!
とにかく子供とスキンシップをしてもらうように、色々と頼みまくった。
結果、娘は父親大好きになりすぎて、一時期、父親じゃないとダメになってしまった。
ただ、安心して旦那さんに預けられるので、この点は大いに助かった。


とおたんとは言うのにかあたんと言えない娘

1歳半過ぎたあたりだろうか。
少しずつ色々と喋るようになった頃。
なかなか私のことを呼ばない。
もっぱら「とおたん」と呼ぶ。
終いには私が娘の世話をしようとすると拒否するようになった。

オムツを替えさせてくれない娘

娘。笑顔私しかいない時はすんなりと世話をさせてくれる娘。
旦那さんがいると、とたんに父親っ子が炸裂する。
私がオムツを替えようとすると逃げて拒否。
なのに旦那さんが声をかけると、自分から床にごろんとして好きにして状態。

買い物に行けば、カートに乗せるのだが、それを押すのが私だと泣く。
旦那さんだととても楽しそうに乗っている。
抱っこももちろん旦那さん。
一緒にお風呂に入るのも旦那さん。
一緒に寝るのも旦那さん。
すっかり父親っ子が出来上がってしまった。
これはこれで寂しかった(笑)
何かあった時、泣いて助けを求めるのは父親なんだもの(笑)

これを教訓に、旦那さんは、息子の時にあまり助けてくれなくなった(笑)
そしたら、息子は程よく母親っ子になった。
やはり、父親とのスキンシップって大事だな、と思った。


物心ついたら父親が好きになる

赤ちゃんの時は泣いても、大きくなって遊んでもらえるようになれば、父親が大好きになる子は多い。
しかし、我が家の場合、赤ちゃんの頃からずっと父親が大好き。
今も大好き。
珍しいパターンだと思う。
それは意図的に、私が旦那さんに子供を任せたから。
旦那さんに思い切って全てを任せていたお陰で、父親大好きな子供に育った。


子供が父親を好きになるよう努力をしているか

なんとなく、旦那さんに任せられないと自分でなんでもやってしまっていないか。
扱い慣れてないし、任せるのは不安。
そんなことを思っていたら、何も任せられない。
自分がいっぱいいっぱいになって潰れてしまう。
旦那さんは仕事で忙しいかもしれない。
疲れているかもしれない。
それでもできることってあると思う。
そもそも、自分は旦那さんのことが大好きということをきちんとアピールしているのか。
子育てにかこつけて、旦那さんをないがしろにしていないか。
いつも感謝することを忘れず、好きだと言うことをきちんと伝えないといけない。
子供は大人をよく見ている。
母親として父親を立てないと子供は父親を嫌いになるのは当たり前だ。

お互いをけなし合う両親

私の両親はお互いをけなし合った。
あろうことか私の父親は「結婚したのは間違いだった」と子供である私に言ったのだ。
そして「家族とは同居している他人だ」とも言っていた。
だから気を使わなければならないということだそう。
父親の迷言が多々あるが、脱線しそうなのでまた別の機会に書く。

私の両親は喧嘩していることはあっても、感謝したり、尊敬し合ったり、なんてことはなかった。
一昔前はそんな家庭が普通だったのだろう。
私は父親が大嫌いだ。

そんな子供にならないよう、私は旦那さんを立てるし、好きだと言うことを子供の前でも言うようにしている。


まとめ

父親好きの子供にするために

  • 生まれてすぐから旦那さんに子供をあやしてもらうようにする。
  • 初めは誰でもできないから、そういう目で温かく見守る。
  • 思い切って旦那さんに任せる。
  • 旦那さんに感謝すること、好きだということを伝える。

いかがでしたか。
ぜひ試してみてください。